魔法少女まどかマギカ コスプレ衣装この世界での魔法少女は上記下用のとても利己的な存在

Published on by dehgj15

お話としては魔法少女となったさやかに、諦めてしまったまどかは自責の念を覚え、成り立て魔法少女のさやかの力になんとかなろうと色々と悩む姿と、魔法少女が愛と正義の名の下に存在しているのではなく、とても利己的な存在であることを示す同じく魔法少女である杏子と、誰かの為にと思って行動しているさやかとの対立と対決を見せている。コスプレ衣装 この世界での魔法少女は上記下用のとても利己的な存在であるとしていて、本来手を取り合えば良いはずである杏子とさやかは、その考え方の違い方戦闘へと発展してしまっている。 そもそも、そんな願いを叶える替わりの魔法少女なので、利己的と言われれば確かにそうであると言えるので、この物語の正しい魔法少女の在り方としては杏子の方が正しいのかもしれない。キュゥべぇも故まみの存在はとても珍しいとしていたので、おそらくはそういうことなのだろう。そういうことから考えて、この魔法少女と魔女の関係っていうのが、どこかゲームじみた印象を受けるんだよな。お話はあらすじにあるところから、魔法少女になるという事はそういったことがなされるのか、という真実を知る。ここがメインだが、それが分かってみると色々と分かりかけてくることもあって実に興味深かった。魔法少女まどかマギカ コスプレ衣装 杏子とさやかの衝突をなんとしても止めたいまどかは、対決の間際にさやかのソウルジェムを奪い、歩道橋の上から投げ捨ててしまう。捨てられたソウルジェムは運良くトラックの荷台に落ちて遠くへ行ってしまうと、さやかは糸の切れたマリオネットのように事切れてしまう。そのさやかは息をしていなかった。死んでいるのだ。 突然の状況に狼狽する杏子とまどかにキュゥべぇは真実を語る。契約して魔法少女となって魔女と闘うのに、弱点だらけの人体で闘えなんて言えない。だから契約するという事は、魂をコンパクトで魔力を最大限に発揮することが出来るソウルジェムに移すことで、その身体はただの抜け殻だと言う。ソウルジェムを破壊されない限り、魔力で身体の修復はいくらでも可能。無敵の身体だと。つまり身体はリモートコントロールの人形と同じで、魔法少女の本体はソウルジェムなのである。もはやそれはヒトではない。見滝原中学校制服 コスプレ衣装 お話として、その衝撃的な事実も十分なインパクトであるが、真実を語るキュゥべぇが、その事実に驚き泣くまどかや怒る杏子を全く意に解さず、なぜそんな反応をするのか全く理解できないという口調で、魂がソウルジェムになったことが素晴らしいことだというふうに喋るのも、ものすごく嫌な気持ちにさせれくれて、良い意味で気持ち悪い。

巴マミ コスプレ衣装

巴マミ コスプレ衣装

To be informed of the latest articles, subscribe:

Comment on this post