とうらぶ 三日月宗近 コスプレ衣装悲惨な状態のなかで戦闘をしいられるはずだが

Published on by dehgj15

擬人化美少女に萌えるのは大いに結構だが、 萌えているうちに「日本が敗戦したのは何かの間違いだった」 激安コスプレ衣装 通販 なんていう自己慰撫的思想にはまらないようせいぜい気をつけていただきたいものである。 しかも、日本が太平洋戦争に突入していった時代の流れを「強い力」「定めの軛」と呼んでいるのも、 太平洋戦争を「自存自衛の戦争」「大東亜共栄圏を作り上げる意義のある戦い」と叫ぶネトウヨのメンタリティそのものだろう。 そういった実情を把握せずに若者の間でミリタリーファッションやら軍事シュミレーションゲームが流行っているのは社会の右傾化を示す兆候だと叫ぶおっちょこちょいは小バカにされても当然だろう。 だが、これが『艦隊これくしょん』となると、話は別だ。 少なくともアニメ版『艦これ』を見る限り、サヨクの偏見や妄想とはまったく関係なく、 その底流に歴史修正主義があると考えざるをえない。 とうらぶ 太郎太刀 コスプレ衣装 『艦これ』アニメの基本設定は在りし日の軍船の魂を持つ「艦娘」たちが人類から制海権を奪った「深海棲艦」と戦うというもの。 深海棲艦は基本的に意思疎通が不可能なエイリアンという設定だが、 しかし、作中で戦闘になる戦場の多くは旧日本軍が太平洋戦争で戦った戦場と同じだ。 ストーリーも何故か太平洋戦争をなぞっていく。 そのうえで、史実とちがう展開がところどころに入り、歴史上では大敗したミッドウェー海戦をモチーフにしたと思わしき戦闘で大勝利してしまうのだ。 また、戦争の悲惨さ、残酷さがまったく描かれていないところにも歴史修正主義との共通点がある。 制海権を奪われたのならば物資が欠乏し、悲惨な状態のなかで戦闘をしいられるはずだが、 『艦これ』アニメで描かれる生活には窮乏した所がまったくない。 鎮守府への直接攻撃でも、民間人への被害はまったく出てこない(というか、そもそも民間人が出てこないのだが)。 戦争の負の側面を一切描こうとしないのである。 とうらぶ 一期一振 コスプレ衣装 日本刀や『とうらぶ』ブームと右傾化は何の関係もないし、ミリオタ=ネトウヨではないということも確かだ。 また、『艦これ』をプレイしているユーザーもそうだろう。 しかし、だからといって『艦これ』というコンテンツにそういう思想が入り込んでいないわけではない。

とうらぶ  三日月宗近 コスプレ衣装

とうらぶ 三日月宗近 コスプレ衣装

Comment on this post